社団福祉公人こうほうえん

法人本部事務局 0859-24-3111

第21回 こうほうえん研究発表会

こうほうえんからのお知らせ

3月21日 今年で21回目を迎える「こうほうえん研究発表会」を米子コンベンションセンターで
開催しました。
介護・看護・保育など現場での課題にたいする一年間の取組成果を発表しました。発表題数は、
口演発表やポスター発表、他の法人によるふれあい発表など全116題。
開会式の冒頭で廣江研理事長は「今日、学んだことを現場の職員にも報告して、一緒になって前
進していきましょう」と挨拶しました。
また、2017年度の『こうほうえんスローガン』を発表しました。
「地域に感謝の30年 育てる愛と活かすAI(あい) みんなで作る共生社会」

~表彰~
遠藤泰治賞(優秀賞)
◆ 施設部門
テーマ:「グリセリン」は単独でも口腔内を保湿させたか
発表者: 坂本佳津子 歯科衛生士(介護老人福祉施設よなご幸朋苑)
◆ 在宅部門
テーマ1: ゆりりん調査を活用したケアマネジメントの構築に向けて
発表者  : 池口宏明 主任ケアマネジャー(ケアプランセンターなんぶ幸朋苑)
テーマ2: デイサービスセンターにおける認知症高齢者への音楽療法の有効性
発表者  : 林原美佳 看護師(デイサービスセンターよねはら)
◆ 保育部門
テーマ: 遊びこむ保育環境の構築
発表者: 千村智佳子 保育士(キッズタウンにしおおい)
◆ 錦海リハビリテーション病院部門
テーマ: 回復期リハビリテーション病院退院後の身体機能維持・向上への関わり
発表者: 山瀬 純 介護士

「こうほうえん研究発表会」は、福祉の担い手として、さかい幸朋苑が設立し運営していく為に
は、介護を研究の視点で検証し、「根拠のある介護方法」として確立していきたいとの思いから
1997年(平成9年)に「第1回養寿会研究発表会」として開催しました。



    開会式の様子= 小ホール

特別報告「二市連携ICT活用保育事業について」
事業の実施状況を説明する永見和泉副園長(認
定こども園キッズタウンかみごとう )  写真右端


 
口演発表 由井洋子相談員(うきま幸朋苑)

ポスター発表 向井悠貴 理学療法士(通所リハビリテー
ションいなば幸朋苑)


遠藤泰治賞(優秀賞)の在宅部門に選出された林原美佳
看護師デイサービスよねはら)

~「第21回こうほうえん研究発表会」抄録集(冊子) ~
抄録集をご希望される方は、下記にお問い合わせください。
社会福祉法人こうほうえん
担当: 教育研修人財部 永田
tel: 0859-24-3111